どんぐりのブログ!

見て下さり、ありがとうございます。小4の時の誕生日プレゼントは全国道路地図でした。

みんなも「大回り」で旅しよう!

~登場人物紹介~

f:id:Osakaloopline:20171014204958p:plain

股野助(27) 最近用水路に自転車ごと落ちた。

 

f:id:Osakaloopline:20171014205218p:plain

佳代子(25) 「人間失格」を2ページ目で用水路に放り投げた。

f:id:Osakaloopline:20171014205604p:plain

由香子(56) いろいろあってこうなった。ちなみに出番はもうない。

 

股野助「ねえねえ、佳代子ちゃん、大回りって知ってる?」

佳代子「知ってる。」

股野助「あそうなの。」

佳代子「うん、さよなら。」

股野助「うん、バイバーイ\\\

    って、ちょっと待て。ちゃんと打ち合わせしたじゃん。ほら、君が分からない

    ふりして僕が教えてそれを読者さんに伝えるって。」

佳代子「何のこと? あんたがうちのインターホンに向かってずっと一人で喋ってたあ

    れ? うちのお母さん気味悪がって通報したよ。」

股野助「なんだと…?」

佳代子「あら、あなたのあーんな写真こーんな写真ももってるんだけど?」

f:id:Osakaloopline:20171014210857p:plain

股野助「くそっ! もういい!」

彼は行った。電車に乗って逃げた。彼は寺田町から大急ぎで天王寺に向かおうとした。おそらく家が近鉄南大阪線沿線だからだろう。

だがしかし!

f:id:Osakaloopline:20171011193246j:plain

彼は内回りに乗ってしまったのだ…。そして、ラストラン間際の103系に乗ってしまい、大量の乗客に彼は身動きが取れなかった。しかし、運賃は同じ120円。彼は思った。

「120円だけでこんなに電車乗れるって得した気分じゃね。」

気付いたのだ。彼は大回りの良さに。これを応用すれば、和歌山や奈良、京都、滋賀も120円で旅出来る事に。

そうして彼は天王寺から阪和線に乗り、大回りの旅を始めたのだ。

 

だがしかし!

運休・遅延・事故が枕詞の阪和線では、今日も信号機の故障で遅れていた。だがなんとか乗り越え、夜11時に無事寺田町に着くことが出来た。

 

だがしかし!

彼の行った行為は結構普通に違反だったので、何千円ととられた。

 

だがしかし!

ちゃんと決まりを守ったら、120円でも和歌山や奈良や滋賀や京都に旅ができる。すごくお得でめちゃくちゃ楽しい旅だ。これを俗に「大回り」と呼ぶ。ちなみに大阪では大回りに新幹線も乗れるぞ。頑張れば。

 

股野助のようになりたくないが結構ガチで大回りに行きたくなった人はこちら

 

あと思ったんですけど「だがしかし」って「だが」は否定だし「しかし」も否定だけど「だが」∔「しかし」で結局肯定してますよね。

 

 

 

 

 

ネタがなくなってくるとこうなります。