どんぐりのブログ!

見て下さり、ありがとうございます。小4の時の誕生日プレゼントは全国道路地図でした。

打楽器初心者へ!スティックの選び方!

こんにちは!どんぐりです。

最近すごく寒いですよね。とくに朝晩は上着が欲しいほどです。僕が行ってる学校も昨日から「制服冬服着てもいいで期間」になったので早速冬服で来てる人が何人かいました。ちなみに僕は夏服ですけどね。寒いとか言っときながらなんじゃそれ。

 

さて、ブログを始めてからというもの、鉄道関係の記事ばっかり書いてきました。ただ、この記事に「打楽器やってる」って書いてるので、打楽器の記事も書かないとね。というわけで、今日は、僕がやってるバチの選び方を紹介したいと思います!

 

打楽器を始めるうえでバチは欠かせないものですからね!

 

ちなみにバチとGoogleで検索したら、楽器を叩く用具以外に、素麺を伸ばした端の、播磨地方での言い方という意味もあるそうです。Wikipediaの曖昧さ回避ページに載ってました。素麺を伸ばした端の、播磨地方での言い方目当てでこの記事に辿り着いた方は、残念ながら打楽器の記事なので、お帰りください。

 

あと、前提としてですが、打楽器=パーカッションと考えているので、

ドラムではないですよ!

ドラムスティックでスネアを叩いたり、スネアなどに使うスティックをドラムに使うことはできますが、音が重くなったり、叩きにくかったりします。ですが、基本は同じだと思うので、この記事も参考にしてみてください。

 

楽器店に行こう

はい。まずはバチを買うために楽器店に行かなければなりません。今の時代、インターネットという便利なものがあるので、「近くの楽器店」で検索したらGoogleマップなりなんなりで出てくるでしょう。実はインターネットでもバチを買うことはできるんですが、やっぱり、自分で楽器店に行き、自分に合ったバチを探すのが一番です。ネットで買うとなると、リスクが高いです。

ただ、楽器店でも取り扱う楽器が違うときがあるんですね。例えば、管楽器だけを置いているとか、クラシック系の楽器だとか、弦楽器だけを置いているとか、エレキギターやベース、ドラムなどのロック系だとか。僕自身も心斎橋の三木楽器Wind Forest(管楽器しか置いてない)に間違えて行ったことがあります。出来れば、打楽器専門の店に行くのがいいでしょう。僕は大阪に住んでいるので、よく梅田のドラムセンターに行きます。楽器店に行って、いろいろな楽器を見たり、叩いたりすることも良い経験になると思います。
f:id:Osakaloopline:20171002224946j:image
f:id:Osakaloopline:20171002225006j:image

 

スティックを選ぼう

ここからが肝心ですね。これから使うバチを選びます。楽器店に行くとたくさんバチが置いてあると思います。

 

 

「多すぎて全然分かんなーい」

というそこのあなた!楽器店に来ていてよかったですね!

店員さんに聞きましょう。

これが一番です。「初心者におすすめのバチはありますか?」と聞いてみましょう。知識が豊富な店員さんが、しっかり教えてくれるはずです。

 

 

「いや、自分で使うものだし自分で選ぼう」

という人は、バチについて理解しましょう。

 

チップの形状

f:id:Osakaloopline:20171002220929p:plain

チップとは、バチの先端のことです。見てみたら分かると思いますが、上の絵のように丸い形のものと、円錐のような形になっているものがありますよね。丸い形のものはムラがないロールや音になります。円錐のものは細かいロールや音色を変えるなどができます。僕は、どちらのバチも持っていますが、最初は丸い形にするのをお勧めします。汚い絵ですみません。

 

左右同質のバチを選ぶ

ここが重要です。左右同質とはどういうことか。つまり、組になる2本のバチを同じものにしろということです。

「何言ってたんだよw おんなじ種類のバチを買ったらいいだけだろw」

と思っている人、違います。

同じ種類のバチでも、重さや密度をそろえる。

ということです。じつはバチというのは、同じメーカーの同じ種類、同じ品番でも、1本1本の重さや密度が微妙に違うんですね。親切な楽器店だと重量計が置いてあります。量ってみるとわかりますが、1本1本グラムが違ったりするんです。これを、2つとも同じものにそろえます。2本組で売られているのもありますが、ばらしてもいいです。ただし、最後は元に戻しましょう。

 

同じ重さのバチが揃っても、次の試練が待ち受けています。「重さや密度」の「密度」の部分ですね。バチの先端から3分の1ぐらいのところを、頭の横側の少しでっぱっているところを叩いてみましょう。

f:id:Osakaloopline:20171002222744p:plain

コン、コン、と音がするはず。その音の音程を聞き取ってください。もう1本もコン、コン、この音を同じにしてください。

 

曲がってないか見てみる

バチは、もちろんまっすぐでないといけません。ですが、曲がっていたり、歪んでいたりするものもあるんです。水平な場所でそのスティックを転がして、スムーズに転がるか確かめましょう。

 

たくさん種類があるので、練習台などがあると思います。試奏して、自分に合ってる種類を選んで、ペアを根気よく見つけてみましょう。見つけ出したその1組は、あなたの宝物になるでしょう。

 

おすすめ

僕のおすすめのバチは、VATERというメーカーのPICCOLOというバチです。なんせ、楽器店の売り場に定番とでっかく書いてありましたからね。肌触りや重さも良く、初心者の人には使いやすいバチだと思います。

f:id:Osakaloopline:20171002223808j:plain

 

VATER ベーター ドラムスティック ピッコロ VSMPW

VATER ベーター ドラムスティック ピッコロ VSMPW

 

 

また、僕が今使っているのは、PICOLLOより短めのPICCOLINOというバチです。
f:id:Osakaloopline:20171002224909j:image
こちらも、定番と書いてありました。

 

 

バチにはいろいろな種類があるので、じっくり考えて、自分に一番合ったいいものを見つけてください!

それでは!