どんぐりのブログ!

見て下さり、ありがとうございます。小4の時の誕生日プレゼントは全国道路地図でした。

RailSim14周年

どうもこんにちは、どんぐりです。久しぶりの更新です。

 

いきなりですが、本日11月16日は、RailSimが産まれた、RailSimの日です!!

 

 

というわけで、レイアウト2つ公開します。

 

1.川沿いの街のレイアウト

f:id:Osakaloopline:20171116224227p:plain

モデルは四国の駅。SSが撮りにくいです。

f:id:Osakaloopline:20171116224339p:plain

これは全景。

 

2.国鉄和田山駅風レイアウト

f:id:Osakaloopline:20171116224452p:plain

側線がいっぱいあった国鉄時代の姿を再現。なのにおいてる車両はJR世代。あくまでも「風」なので、実物と結構違ったりします。

f:id:Osakaloopline:20171116224649p:plain

こちらは製作途中の様子なので、ほんとはもう少し発展してます。少しだけです。

 

こちらで、両方ともダウンロードできます。ぜひ使ってください。

それでは。

 

初めて半年でマリンバソロを2週間でやれと言われた話(後編)

前編はこちら

 

打楽器を初めて半年、オーディション3週間前に渡されたのは安倍圭子作曲「プリズム」という鬼のような難易度(当時の僕は)の曲だった。

 

ここで、さらなる悲劇に僕は気付いた。

 

今 → 1週間 → テスト → 2週間 → オーディション当日

 

お気付きだろうか、オーディションの日までテストを挟むのである。僕の学校では、というかどこの学校もそうだろうが、テスト前1週間ほどは、部活が停止になる。オーディション当日まで3週間あるが、実質練習できるのは2週間だけ。家にマリンバがあるわけもなく、管楽器のように持って帰れるわけもなく、スティックを持って帰って少し基礎の練習をするだけの1週間。その時の自分はYouTubeでひたすら聴くことぐらいしかできなかった。

 

1週間あけたあとの部活はもう必死だった。家にピアノはないので、譜読みも全然できていなくて、1からのスタートだった。毎日部活が終わっても居残って練習した。オーディションの次の日は演奏会があって、その曲も並行して進める。その時の自分は尊敬する。ほんとに。

 

 

 

ただ、打楽器を初めて半年のペーペーが2週間でほかの曲を練習しながら鬼のような難易度の曲が完成するはずもなく、譜読みすら半分と少しだけ終わっただけで当日を迎えた。その時はとても緊張した。そして、寒い冬、手が冷えてしまい、手首もいつもより回らなかった。こんな状態で挑んだオーディションは散々だと思った。練習の時よりも、はるかにレベルが落ちたものだった。

 

結果として選ばれることはなかった。当り前のことだけど。打ちのめされたよすごく。でもよかった。この時の経験はすごく役に立ったと今も思ってる。そして、マリンバを好きになれたから。鍵盤は少しマシに叩けるようになった。

 

そのオーディションでは、それぞれがお互いに聞きあって感想を書きあう紙があった。「よかったところ」と「改善した方がよいところ」の項目があった。この紙の記入は任意で、発表を控えてる人とかは違う教室に練習に行ったりすることもできた。(打楽器パートは出来なかった。)僕の順番は最後の方でたくさんの人が見てくれて、紙もたくさんもらえた。もしかしたら、1年生の中で僕が一番もらったかもしれない。たくさんの人が書いてくれて、自分ではわからない点もたくさん教えてもらえた。譜読みは終わってなかったけど、この曲はこれで終わりと見せかけるように工夫もしたので、譜読みが終わってないことに気付かなかった人もいた。

 

「1年生で2週間であれだけできるのは単純にすごいと思う」とか「ここはよかったからここをこうしたらここも出来ると思う」とか、言葉もたくさん言ってもらって本当にうれしかった。少し自信もついた。

 

その時は-と思っていたけど、今思うと、すごく∔の経験だった。

 

そんなことを考えながら、今日もプリズムの練習をしました。

初めて半年でマリンバソロを2週間でやれと言われた話(前編)

僕が所属している部活は吹奏楽部。打楽器の担当。今からするのは中学校1年の時の話。

僕の所属する吹奏楽部では、毎年、ソロを一人ずつ練習して、コンテストに出ている。コンクールとはまた別で。

例年は、1年生、2年生含め全員が出ていたのだが、今年は先生の異動があり、1年生は4人だけ出ることになった。1年生は全部で14人。これで分かると思うが、オーディションである。14人中、先生が決めた4人だけがソロコンに出れる。

自分の学校はなかなか恵まれていて、定期的に外部からもレッスンの先生に教えてもらっていた。ソロも例外ではなく。

今年入った新しい先生は、打楽器に関して詳しくなく、管楽器と比べ、レッスンの先生に頼っていた。ソロの曲を決める時も、レッスンの先生に楽譜を持ってきてもらった。

この時点で、オーディションまで3週間である。他のパートは既にソロの練習を初めていた。3週間前というのはかなり遅い。

 

先生「よし、まず2年生から決めよか。太鼓系か鍵盤系があんねんけどどっちにする?」

先輩「…太鼓で。」

先生「これとこれ、どっちがいい?」

先輩「こっちで、」

先生「はい。じゃあ次1年生やけど、太鼓とかやったら楽器無くて被って練習できへんようになるし鍵盤の方がいいんちゃう? 鍵盤も2つ持って来たし。」

 

僕の他にもう1人同期がいる。僕等は悩んだので、家に持ち帰って決めることにした。候補曲は、安倍圭子さんの「プリズム」と、よくわからないマレット4本もちのエチュードだった。

 

翌日になっても悩んでいた僕は友達に相談した。

僕 「先輩がプリズムやってたしこっちにしよかな、、」

友達「ほんまや、そうしろよ。」

僕 「うーん、でもな、、難易度的に時間がないしやめとこかな、」

先生「あ、する曲決まった?」

僕 「いや、ま…

友達「こいつプリズムですよ。」

  「こいつプリズムですよ。」

  「こいつプリズムですよ。」

先生「OKわかった。」

 

おい。待てよ。

f:id:Osakaloopline:20171103230528j:plain

YouTubeより。

プリズムってこれやぞ。♩=120の6連が永遠に続くような曲やぞ。打楽器初めて半年やぞ。

 

ここから先、どんぐりはどうなるのか!

 

<次回予告>

残りの時間が少ないうえ、鬼のような難易度の曲になってしまったどんぐりにさらなる悲劇が襲う!(リアルで)あまり期待しないで明日を待て!!

 

前編後編に分けたのは、単純に書くのがダルかったからです。

癒されに行ってきました。

こんにちは、どんぐりです。昨日、音楽は癒やしだとさんざん書いておりましたが、さっそくカラオケに行ってきました!!!!

 

外に出てみると、THE嵐って感じでした。
f:id:Osakaloopline:20171022233955j:image

半分洪水でした。そんな中で傘とチャリだけで行ったのでびしょびしょでした。びしょびしょって使い方によってはエロいですよね。ね。
f:id:Osakaloopline:20171022234838j:image

こちらは、一緒に行った友達です。写真を撮ろうとしたら「撮るな!撮るな!」と連呼される中、隠し撮りしたものなので、オールモザイクです。

 

僕らは共通点として、歌手のゆずさんが好きです。なので、歌った曲はゆずのものばっかりでした。高い声が全然出なかったです。HAMOという曲はもう死ぬかと思いました。でも、すごく楽しくて、癒されたので良かったです!

 

ただ、日曜日に来る台風は鬱陶しいですよね。せめて月曜日にしようや、なあ。今は避難勧告も出てます。でも、明日になったら台風は去って、いい天気になるんでしょ!日曜日に暴風警報が出る速さも異常ですよね。
f:id:Osakaloopline:20171023000701j:image

近くの畑が池になってました。それでは!

 

 

 

 

 

 

暴風警報出てください。

RailSimで和田山駅を再現してみた。(しようとした)

どうもこんにちは、どんぐりです。

 

最近すごく寒くて凍死しそうですよね!(嘘です)大阪でも息が白くなりました。これで10月やったら2月とかどうなるんでしょうか。-30℃ぐらいになるんじゃないですかね。

 

さて、僕のブログではRailSimについていくつか記事を書いていますが、このゲーム、その気になればなんでも作れちゃうんです。実際にある駅、理想の駅、町など…。

 

今回は、山陰本線和田山駅を再現しようと頑張ったんです。

f:id:Osakaloopline:20171018000231j:plain

JR西日本和田山駅

こちらから。

なんで和田山駅かというと、いい感じに線路が多くて、いい感じに田舎で、いい感じに雪が降るからです。雪が降るから、というのはこの前の記事を読んでいただけると分かると思います。特急停車駅というのも良いですね。

 

f:id:Osakaloopline:20171018000554p:plain

こちらが作った駅舎です。途中の写真ですが。「あれ、あんまり似てないやん」って思われるかもしれませんが、RailSimは、プラグインという3Dモデルを入れないと出来ないのですが、この3Dモデルを作るのがすんごく難しいので、僕にはできません。最初になんでもできると書いたのは、プラグインが作れる人だけです。ごめんなさい。まあ、モデルが和田山なんでちょっとくらい違っててもいいんですよ。

つづいて、配線です。

f:id:Osakaloopline:20171018001021p:plain

f:id:Osakaloopline:20171018001102p:plain配線図を結構無視しているものの、それなりに見えるのではないでしょうか、ね? これも途中の写真なので全景はこちらです。

f:id:Osakaloopline:20171018001312p:plain

f:id:Osakaloopline:20171018001356p:plainね、なんかいいかんじでしょ? 配線は国鉄時代のものを参考にしています。

f:id:Osakaloopline:20171018001522p:plain今回はガチで駅前も作りました。作ってて楽しいレイアウトはいいですね。RailSimの日にでも公開しようかなと考えてます。公開できるレベルじゃないなんて言わないでください。

北海道に行きたい、というか行く!

今週のお題「行ってみたい場所」

こんにちは、どんぐりです。

 

僕は、小さい頃から雪が好きでした。大阪に住んでる僕にとって1年の間に積もるか積もらないかぐらいしか降らない雪。雪国の方に失礼かもしれませんが、僕は雪国に憧れてるんです。雪かきも楽しそうに思えます。

 

雪国といえば、みなさんどこですか?

 

僕は断然北海道ですね。積雪量的にいえばもっと積もるとこもあると思うのですが、やっぱり北海道です。北の大地にしんしんと積もる粉雪。なんか引き寄せられません?

 

f:id:Osakaloopline:20171014213821j:plain

実はね、夏でもいいんです。こんなこと言っといてアレですが。僕の先輩に、昔北海道に住んでいる人がいまして、もうね、猛烈に押してくるんです。

「北海道いいで~~~!! マジ最高! 将来住めよ!」

って。夏はまたいいんですって。草原とか湖とか。THE自然っていう感じ。

マジで行きたくなりません?僕が住んでるの大阪ですよ。なおさら行きたくなりません? 大阪も嫌いじゃないんですけど。

 

…でもね、そんなお金はない。僕は考えました。

青春18きっぷを使おう」

これだったら何とか買えます。雪が好きな僕は、日本海側から攻めて行きたかったんですが、第3セクター化したので、東海道で行くしかありません。そのとき思ったんです。

 

小浜か舞鶴あたりで温泉はいった後に、大垣からムーンライトながらに乗って、次の日東京から青森まで行って、そこから夜の津軽海峡フェリーに乗って朝に北海道着いたら宿も取らずに行けるんですよ。

再来年の3月あたりに行く予定です。これ、めっちゃよくないですか?

フェリーは1番安い時期で、新幹線に乗れるオプションの切符よりも安いし。

 

なんて、夢を語ってました。でも、絶対行くんで、ブログにも書くんでよろしくです。これよりもっといい行き方があれば是非教えてください。

 

久しぶりにまじめな記事でした。

 

 

いきたいいいいいいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

申し訳ありません!

ここ2日、記事を更新できませんでした。

じつは今週は中間テストがあったのです。必死に勉強しておりましたので(多分)、更新は出来ませんでした。何個か下書きもあるので、明日には更新したいと思います。すみません。

 

f:id:Osakaloopline:20171009174606j:plain

 

それでは。