どんぐりのブログ!

見て下さり、ありがとうございます。小4の時の誕生日プレゼントは全国道路地図でした。

RailSim14周年

どうもこんにちは、どんぐりです。久しぶりの更新です。

 

いきなりですが、本日11月16日は、RailSimが産まれた、RailSimの日です!!

 

 

というわけで、レイアウト2つ公開します。

 

1.川沿いの街のレイアウト

f:id:Osakaloopline:20171116224227p:plain

モデルは四国の駅。SSが撮りにくいです。

f:id:Osakaloopline:20171116224339p:plain

これは全景。

 

2.国鉄和田山駅風レイアウト

f:id:Osakaloopline:20171116224452p:plain

側線がいっぱいあった国鉄時代の姿を再現。なのにおいてる車両はJR世代。あくまでも「風」なので、実物と結構違ったりします。

f:id:Osakaloopline:20171116224649p:plain

こちらは製作途中の様子なので、ほんとはもう少し発展してます。少しだけです。

 

こちらで、両方ともダウンロードできます。ぜひ使ってください。

それでは。

 

初めて半年でマリンバソロを2週間でやれと言われた話(後編)

前編はこちら

 

打楽器を初めて半年、オーディション3週間前に渡されたのは安倍圭子作曲「プリズム」という鬼のような難易度(当時の僕は)の曲だった。

 

ここで、さらなる悲劇に僕は気付いた。

 

今 → 1週間 → テスト → 2週間 → オーディション当日

 

お気付きだろうか、オーディションの日までテストを挟むのである。僕の学校では、というかどこの学校もそうだろうが、テスト前1週間ほどは、部活が停止になる。オーディション当日まで3週間あるが、実質練習できるのは2週間だけ。家にマリンバがあるわけもなく、管楽器のように持って帰れるわけもなく、スティックを持って帰って少し基礎の練習をするだけの1週間。その時の自分はYouTubeでひたすら聴くことぐらいしかできなかった。

 

1週間あけたあとの部活はもう必死だった。家にピアノはないので、譜読みも全然できていなくて、1からのスタートだった。毎日部活が終わっても居残って練習した。オーディションの次の日は演奏会があって、その曲も並行して進める。その時の自分は尊敬する。ほんとに。

 

 

 

ただ、打楽器を初めて半年のペーペーが2週間でほかの曲を練習しながら鬼のような難易度の曲が完成するはずもなく、譜読みすら半分と少しだけ終わっただけで当日を迎えた。その時はとても緊張した。そして、寒い冬、手が冷えてしまい、手首もいつもより回らなかった。こんな状態で挑んだオーディションは散々だと思った。練習の時よりも、はるかにレベルが落ちたものだった。

 

結果として選ばれることはなかった。当り前のことだけど。打ちのめされたよすごく。でもよかった。この時の経験はすごく役に立ったと今も思ってる。そして、マリンバを好きになれたから。鍵盤は少しマシに叩けるようになった。

 

そのオーディションでは、それぞれがお互いに聞きあって感想を書きあう紙があった。「よかったところ」と「改善した方がよいところ」の項目があった。この紙の記入は任意で、発表を控えてる人とかは違う教室に練習に行ったりすることもできた。(打楽器パートは出来なかった。)僕の順番は最後の方でたくさんの人が見てくれて、紙もたくさんもらえた。もしかしたら、1年生の中で僕が一番もらったかもしれない。たくさんの人が書いてくれて、自分ではわからない点もたくさん教えてもらえた。譜読みは終わってなかったけど、この曲はこれで終わりと見せかけるように工夫もしたので、譜読みが終わってないことに気付かなかった人もいた。

 

「1年生で2週間であれだけできるのは単純にすごいと思う」とか「ここはよかったからここをこうしたらここも出来ると思う」とか、言葉もたくさん言ってもらって本当にうれしかった。少し自信もついた。

 

その時は-と思っていたけど、今思うと、すごく∔の経験だった。

 

そんなことを考えながら、今日もプリズムの練習をしました。

初めて半年でマリンバソロを2週間でやれと言われた話(前編)

僕が所属している部活は吹奏楽部。打楽器の担当。今からするのは中学校1年の時の話。

僕の所属する吹奏楽部では、毎年、ソロを一人ずつ練習して、コンテストに出ている。コンクールとはまた別で。

例年は、1年生、2年生含め全員が出ていたのだが、今年は先生の異動があり、1年生は4人だけ出ることになった。1年生は全部で14人。これで分かると思うが、オーディションである。14人中、先生が決めた4人だけがソロコンに出れる。

自分の学校はなかなか恵まれていて、定期的に外部からもレッスンの先生に教えてもらっていた。ソロも例外ではなく。

今年入った新しい先生は、打楽器に関して詳しくなく、管楽器と比べ、レッスンの先生に頼っていた。ソロの曲を決める時も、レッスンの先生に楽譜を持ってきてもらった。

この時点で、オーディションまで3週間である。他のパートは既にソロの練習を初めていた。3週間前というのはかなり遅い。

 

先生「よし、まず2年生から決めよか。太鼓系か鍵盤系があんねんけどどっちにする?」

先輩「…太鼓で。」

先生「これとこれ、どっちがいい?」

先輩「こっちで、」

先生「はい。じゃあ次1年生やけど、太鼓とかやったら楽器無くて被って練習できへんようになるし鍵盤の方がいいんちゃう? 鍵盤も2つ持って来たし。」

 

僕の他にもう1人同期がいる。僕等は悩んだので、家に持ち帰って決めることにした。候補曲は、安倍圭子さんの「プリズム」と、よくわからないマレット4本もちのエチュードだった。

 

翌日になっても悩んでいた僕は友達に相談した。

僕 「先輩がプリズムやってたしこっちにしよかな、、」

友達「ほんまや、そうしろよ。」

僕 「うーん、でもな、、難易度的に時間がないしやめとこかな、」

先生「あ、する曲決まった?」

僕 「いや、ま…

友達「こいつプリズムですよ。」

  「こいつプリズムですよ。」

  「こいつプリズムですよ。」

先生「OKわかった。」

 

おい。待てよ。

f:id:Osakaloopline:20171103230528j:plain

YouTubeより。

プリズムってこれやぞ。♩=120の6連が永遠に続くような曲やぞ。打楽器初めて半年やぞ。

 

ここから先、どんぐりはどうなるのか!

 

<次回予告>

残りの時間が少ないうえ、鬼のような難易度の曲になってしまったどんぐりにさらなる悲劇が襲う!(リアルで)あまり期待しないで明日を待て!!

 

前編後編に分けたのは、単純に書くのがダルかったからです。

休日がない幸せ

今週のお題「休日の過ごし方」

 

こんにちは、どんぐりです。今週のお題、「休日の過ごし方」ですが、結論から言うと僕に休日はありません。

 

ええ、じゃあなんで書くんだよ。

 

まあまあ落ち着いてください。世間一般的に、日曜・祝日は「休日」ですからそうやって話を進めればいいでしょ。ね。つまり僕にとっては学校の無い日が休日ってわけです。わかってる人はいると思いますが、学校はなくても部活はあるので僕に休日は実質ないわけですね。

 

僕は休日には部活で過ごしています。休日でも好きな楽器をずっと叩けて幸せです。すごく。いろんな人と1つのものを作るのも、ソロをずっとやるのも楽しいですね。ソロは最近できてないですが。休日に好きなものに一日中没頭できるのは幸せですよね。

 

以上が休日がない僕の休日の幸せな過ごし方でした。

 

あと、部活の予定表で「休み」を見つけると喜びます。本末転倒。

11時に寝よう!

こんにちは、どんぐりです。

 

ここのところ更新できていなくてすみませんでした。じつは先日、我が家で夜11時までに寝ようプロジェクトが始動しました。そのため、夜にブログを書こうとしても、やむなく寝なきゃいけなくなります。というわけで、ブログが書けずにいました。これから、平日の更新は難しくなると思いますが、よろしくお願いします。

 

この間、僕の好きなアーティストのゆずは、ちょうど20周年を迎えました。20周年を迎えたのは名古屋国際会議場センチュリーホールだったはずですが、ちょうど吹奏楽コンクールの全国大会の会場でもあります。つまり、全国大会に行ければゆずと同じ目線で同じ舞台に立てるんですよ、行くしかないでしょ。

 

全国大会も目指します。それでは。

癒されに行ってきました。

こんにちは、どんぐりです。昨日、音楽は癒やしだとさんざん書いておりましたが、さっそくカラオケに行ってきました!!!!

 

外に出てみると、THE嵐って感じでした。
f:id:Osakaloopline:20171022233955j:image

半分洪水でした。そんな中で傘とチャリだけで行ったのでびしょびしょでした。びしょびしょって使い方によってはエロいですよね。ね。
f:id:Osakaloopline:20171022234838j:image

こちらは、一緒に行った友達です。写真を撮ろうとしたら「撮るな!撮るな!」と連呼される中、隠し撮りしたものなので、オールモザイクです。

 

僕らは共通点として、歌手のゆずさんが好きです。なので、歌った曲はゆずのものばっかりでした。高い声が全然出なかったです。HAMOという曲はもう死ぬかと思いました。でも、すごく楽しくて、癒されたので良かったです!

 

ただ、日曜日に来る台風は鬱陶しいですよね。せめて月曜日にしようや、なあ。今は避難勧告も出てます。でも、明日になったら台風は去って、いい天気になるんでしょ!日曜日に暴風警報が出る速さも異常ですよね。
f:id:Osakaloopline:20171023000701j:image

近くの畑が池になってました。それでは!

 

 

 

 

 

 

暴風警報出てください。

音楽は癒やしだ。

今週のお題「私の癒やし」

 

どうもこんにちは、どんぐりです。

 

皆さんにとって「音楽」とはなんでしょう。普段何気なく聞くものでしょうか。それとも、少し堅苦しいもの? そうですね、人それぞれにいろいろな考えがあると思います。

 

僕にとって音楽は「癒やし」ではないかとこの間思いました。

………。

 

嘘です。今週のお題を見て思いました。お題の記事を書こうとしたので若干無理矢理感はありますが、それでも、「あなたの癒やしはなんだ?」と聞かれれば音楽だと思いました。

 

先日、学校で芸術鑑賞なるものがありまして、プロのバンドの方々に来ていただいてジャズの演奏を鑑賞しました。そのとき、僕たち吹奏楽部は1曲だけその方々とセッションしたのですが、めっちゃ楽しかったんですよ。はい。僕が思うのは、聴くだけじゃなくて演奏することも癒やしなんじゃないかって。もう一度言いますが今回の記事は若干無理矢理です。

 

皆さんは演奏できる楽器はありますか? 僕はたくさんあります。手拍子や声だって楽器です。ギターとかだって1か月も練習すればそれなりに弾けるようになります。聴くだけじゃなくて演奏もすれば、もっと幅が広がります。ギターがなくてもいいんです。好きな曲に合わせて手拍子でリズムを叩いたり、歌を歌ったり。自分で「音楽」という「癒やし」を作るんです。楽しいですよ。

 

ストレスが溜まっている人はカラオケに行ってみてはどうでしょうか。僕の場合、歌を歌うとものの見事にストレスが解消されます。押入れの奥にしまってある挫折してしまったギターを手に取ってみませんか? 音楽は人の心を動かします。手拍子や歌だけでもいい。「音を楽しむ」と書いて音楽です。堅苦しい楽譜や音符にとらわれずに音楽を楽しんでみませんか? そしてあなたはいつのまにかストレスなんて忘れ去り、純粋に音を楽しんで、あなたにとって癒やしになるはずです。

 

こう思うと、吹奏楽やオーケストラのコンサートで僕がついウトウトしてしまうのも癒やされてるからなんじゃないでしょうか。違います。

 

さあ、みなさん、それぞれの楽器を持って、音を楽しんでみませんか?

あと、コンサートでは寝ないようにしましょう。